お問い合わせ
資料請求
物件情報

Panasonic Builders Groupパナソニックビルダーズグループ

パナソニック
ビルダーズグループの特長

パナソニックグループの技術開発⼒を、地元ビルダーならではのフットワークやきめ細やかな対応で。たくさんの夢をかなえる「夢の住まい」をお求めやすい価格でお届けいたします。

テクノストラクチャー
7つの特徴

強い梁「テクノビーム」を使い、1棟1棟構造計算をして建てるテクノストラクチャー工法。耐震性が高く、省エネ性に優れ、長期優良住宅仕様。その性能のベースになる、7つの特長をご紹介します。

01強い部材が家を強くする
木+鉄でできた強い梁「テクノビーム」。部材自体の強度にこだわり、家を強くします。
テクノビームの強さの秘密 >
021棟1棟、家の強さを確認
「構造計算」により、1 棟1 棟、家の強さを科学的に確認していきます。
チェック項⽬は全部でなんと388個。その結果には、パナソニックの保証書も発⾏されます。
テクノストラクチャーの家は、⾮常に緻密なチェックを経て建設されます。
パナソニックの構造計算 >
03地震後の暮らしを考えた耐震等級3
地震の多い⽇本では命に関わる⼤切な耐震基準。
テクノストラクチャーは、建築基準法で定められたこの基準の1.5 倍の地震に耐える耐震等級3 に対応しています。
この強さは、消防署など、災害時の重要拠点と同じくらいの⽔準です。
04長く大切に住むために、長期優良住宅
テクノストラクチャーの家にはベースとなる考え⽅があります。
それは「いい住まいを建てて、⻑く⼤切に住む」こと。
そのため、テクノストラクチャーの家は、快適で安⼼して暮らせる⾼い耐久性に加え、
断熱性や省エネ性など、経済的にも優れた⻑期優良住宅です。
05断熱性能にこだわり高い省エネ性を実現
断熱性能は、省エネ性を⾼める重要な部分。
しかし、建てた後に⼤きく変更がしにくい部分でもあります。
だからこそ、快適さとエコを両⽴した設計をご提案。
パナソニックの先進機器による省エネで、光熱費の削減も⽬指しています。
06自在に空間を構成できる、設計自由度の高さ
テクノストラクチャーの家は、柱のない⼤空間で、⼤きな吹き抜けを採⽤しています。
そのためオシャレで機能的なスキップフロアなどにも対応。
部材の強さを⽣かした⼤胆な空間設計により、あなたが思い描くイメージが実現します。
07家族の願いをかなえる注文住宅
注⽂住宅のメリットはご家族のご要望を組み込めること。
そしてもちろん、設計の⾃由さと家の強さは両⽴できます。
強い構造や豊富な建材、設備機器によって、安全・安⼼や快適さを確保します。

テクノビーム

木の強度は縦の力には強く、
横の力には強くない「テクノビーム」強さの秘密

テクノストラクチャーの大きな特長である「テクノビーム」。
木の梁に鉄を組み合わせ強度を高めた独自部材です。

法隆寺など、⽇本の歴史を伝える多くの⽊造建築。
⽊材は、古くから⽇本⼈に馴染みのある優れた建材です。
しかし、⽊材は繊維の⽅向によって強度が変わるという性質もあります。
柱のように縦に⼒が加わるときは、⼤きな⼒にも耐えられますが、
梁のように横に⼒が加わるときは、強度が不⾜しがちに。
「テクノビーム」は、鉄でその弱さを補う、より優れた建材なのです。

構造計算

テクノストラクチャーの構造計算は
法律で定められている水準を大きく上回る緻密さ

「住まいの災害シミュレーション」の構造計算

「⾃分の家は災害がきても⼤丈夫だろうか?」
この不安を解消してくれるのが「構造計算」です。
地震・台⾵・豪雪などで家にどのような⼒が加わるかを計算し、
「住まいの災害のシミュレーション」を⾏います。

実は2階建て木造住宅では義務付けられていない「構造計算」

あらかじめ災害に耐えられるか検証できる「構造計算」ですが、実は建築基準法で2 階建ての⽊造住宅には義務付けられておらず、簡易的な⽅法で強度を確認することが多いです。
そのため、あまり知られておらず「家を建てるときにはじめて知った」という⽅も少なくありません。
しかし、実際に災害では⼤きな被害が出る可能性を考えると「構造計算」は必須です。

テクノストラクチャーの家では、1 棟1 棟の間取りに対して
「構造計算」を必ず⾏なっています。
それは間取りや条件、部材や組み⽴て⽅が1 棟1 棟で違う住宅のそれぞれに、
科学的な確認でしっかりと安⼼を保証したいから。
熟練の⼤⼯さんや建築⼠の勘に頼るだけではなく、科学的に確認する「構造計算」こそビルダーや地域を問わずに強い家を設計する⽅法です。

388項目にわたるチェック

テクノストラクチャーの「構造計算」は、388 項⽬にわたる緻密なチェックを⾏います。⼀般的に⾏われている構造計算が200 項⽬程度であることを考えると、そのチェック項⽬の数は約2 倍。厳しい⾃社基準で⾼い安全性を実現します。